GWです。
私も西方面に移動中。

昨日は嬉しいコメントを頂いて、
車のあまりの混雑ぶりにイ◯◯ラしていたのが、
あっという間にハッピーになりました。

ハッピーはハッピーを呼びます




今日は嬉しいコメントを受けて過去記事から、
今一度、片側顔面痙攣や三叉神経患者の皆さんが
頭蓋内微小血管減圧術(脳神経減圧術、MVD等同等)の手術を成功させるために、
『アンの日記』が参考になることを願って。




しつこいし、余計なお世話かもしれないけれど・・・
今日はおせっかい婆さんになって書こう。


私は、ただの中年女子。
健康について、病気や治療について、
特別知識が高かったわけでも、興味が深かったわけでもない。

PC操作が得意なわけではなく、むしろ苦手。
PCどころか、携帯操作もままならない。


それなのに、
私が『アンの日記』を始めたのは、
稀な病気と言われる片側顔面痙攣になって、
手術をして完治するまでに調べたことを、
同じ病気の人に伝えたかったから。


調べていたら、手術の成功率は、
病院や医師によって差があると思えたし、

その“差”は、個人の体質や運命なんかで片づけられない、
『医療する側の不勉強』(最新医療情報に精通していない)
のせいだと思えることが幾つもあったから

手術をする前に、注意事項をみんなに伝えたかった。



なので、頑張った。
私にしてはすっごく頑張った。
始めの頃は毎日毎日10時間位書き続けた。
頑張って注意事項を全部書いた。
(拙い文でごめんなさい。)



手術の事を全部書ききったのに、
どうして、『アンの日記』を書き続けているのか。
それは、SEO対策というお金をかけた細工をせずに、
『アンの日記』を皆がみつけられるようにするには、
私には、ブログをできる限り多く書くことしかできないから。
(検索上位頁にいる病院は、SEO対策を取っている事が多い)


どうして、真面目な内容を書いているか。
そうすれば、私の事を知らないみんなも、
『アンの日記』は信じられそうだと思ってくれると考えたから。



何のために?
もう一度大きな声で叫びたい。
それは、2014年7月に『アンの日記』を書き始めた時から変わらず、
片側顔面痙攣手術を成功させるためのKEY』を、
同じ病気の多くの人に届けたいから。



多くの場合、
正しい手術を受けて、正しい術後管理をされれば、
微小血管減圧術(MVD、脳神経減圧術など同等)は、
それほど怖いものじゃない。


成功者が増えれば増えるほど、
たくさんの人が悩んでいる期間が減って、
早く自分の人生を取り戻せるはず。



手術の成功は成功の連鎖を生む。



はずなのに・・・
今だに、(私は2014年7月から書いているのに!!)
トランスポジション法(血管と神経の間に物をはさまない方法)で
手術を受けない人がいる。
剃毛のタイミングが早い人がいる。
ICUに何日も入る人がいる。
消毒を毎日する人がいる。
2週間も3週間も入院する人がいる。


そういう事の一つ一つは、今の最新医療では、
「再発率が高くなるよ」
「感染症のリスクが高くなるよ」
「術後の回復力が下がるよ」etc.etc.
こんな風に、
“数値(データ)で証明されているよ”と書いているのに、
病院に手術・術後管理の詳細を確認しないまま入院して、
「術後の経過が悪い。」
「手術のせいで調子が悪い。」etc.etc.
と、unhappyな人たちがいる。



『アンの日記』は単なるブログ。
だから、信用できないと思う人は、
是非、自分で調べて納得して下さい。
医療の素人で、電子機器音痴の私にできたことは、
誰でも自分でできることばかりだから。


もしも私のことを信じられると思えたら、
どうぞ『アンの日記』をそのまま活用して下さい。
信頼できる主治医選びや病院選びのために
参考になることが沢山見つかるはずです。




『最善の選択』をするのはパワーがいる。
最終的に“自分で”決めなくちゃならないから。


自分のことだけど、
自分だけが責任を負うのは怖いことでもある。。。


とっても疲れることだと思うけれど、
自分の人生を後悔しないために、
自分の家族を後悔させないために、
“自分にとっての最善の治療”
を得るためにがんばって!



片側顔面痙攣は、死なない病気。
手術して治る時もある。
対処療法で満足できる時もある。


必ずあなたにとっての“最善の治療”が見つかるから、
だから、1歩前へ。
今日お休みしたら、明日1歩前へ。
明日もお休みしたら、明後日1歩前へ。



自分のペースで、とにかく前へ。 フレーフレー


足跡は色々
    
  




『日本の片側顔面痙攣患者は世界で一番治癒率が高い!』
そんな風になりますように。    


今回頂いたコメントはこちら
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-658.html#comment684



~お詫び~キイテ~
何故か「尼崎賢一」検索するとこちらに辿りつくようです。
尼崎賢一氏のご紹介はこちらをどうぞ!
『微小血管減圧術(神経血管血管)実績病院』
~三井記念病院、脳神経外科尼崎賢一~

http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-316.html



私が選択した執刀医についてはこちら
『必要な言葉が届きますように~MVD対象患者の皆さんへ~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-625.html

『私の執刀医について~頭蓋内微小血管減圧術の症例数を見て~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-547.html
※最新、年間手術件数を追記しました(2016年1月~12月)

医師の記事『「私、失敗しないので」は本当?』をご紹介
『手術の成功とは?~手術の成功率をあげるために・・・』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-663.html

その他のコメントは、
右側カテゴリー【最新コメント】をご利用下さい




-《ご案内》--病院・医師の選択に悩む全ての皆さんへ------

『アンの日記』は、
片側顔面痙攣、三叉神経痛、舌咽神経痛の
治療、手術のための基礎的知識をご紹介しています。
医師・病院選びの際のご参考にお使いください。
『ご案内~微小血管減圧術の成功率をあげるためにできること~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-121.html
必 読手術の成功率を上げるKEYは必ずご確認下さい!

自分のために、時間を掛けて納得したい方はこちらから
『はじまり・・・』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-1.html
------------------------------------------------------



◆【今、UNHAPPYなあなたへ】


今日の『アンの日記』を読んで、
辛く感じていたらごめんなさい。

誰かが悲しんでいるかもしれないと思うと、
書いている私も悲しい。。。

でも、
今日の『アンの日記』を必要だと一番分かって下さるのは、
皆さんだと思っています。


今『手術を検討中』の方が最善の病院・医師を選択できるよう、
どうかご協力下さい。


今、unhappyな皆さんが、
少しでも早くanne-happyになる(自分らしく在る)よう、
治癒率アップのためのご紹介も頑張ります。



おっせかい婆さんにつてい書いています。息抜きに
『軽快に行きましょう(生きましょう)~結局幸せについて♪』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-501.html

関連記事
スポンサーサイト

軽快に行きましょう(生きましょう)♪~結局、幸せについて~

話の意味するところ~視点を変えてみる♪~言葉の意味

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)