どこの病院でもこうなんでしょうか。。。

多分、どこも同じ。
“病院の規則通り”に違いありません。



今日の出来事。
昨日、月曜日が認知症(軽度)の義母の診察日でした。
ところが、医師の都合で4日後の金曜日に予約が変更になりました。
認知症の母に、病院から直接電話がいったので、
一体いつ変更になったのか
医師(病院スタッフ?)がどう話したのかはさっぱり分かりません。



いつになく真面目にお薬を飲んでいた母は、
きっかり日数分処方されたお薬がなくなってしまい、
不安になって、私に電話がかかってきました。



で、私が病院に確認したところ、
「処方箋は、本人を診察しないと出せません。」
とのこと。

つまり、
・薬は、継続して飲む必要がある。数日でも空けてはだめ。
・主治医が金曜日までいないので今日は別の医師が面談。処方箋を出す。
・病気の診察は主治医がするから、金曜日(3日後)もう一度来院するように。
と指示してくるんです。。。



最初に電話交換手を通過してから、
次次かわる病院スタッフ相手に、
交渉したり頼んだり、
怒ってみたり、泣きごとを言ってみたり・・・
押したり引いたりしましたが、
結局全部無駄骨で、病院の指示に従うことになりました。



しつこいですが、認知症の母です。(軽度だけど)
待ち合わせも難しい。
待っているのも難しい。
来るのはもっと難しい。
いろいろ納得させるのは一番難しい。。。



いろいろ苦労の末、
病院に辿りついたら、秘書と名乗る男性が、
「先生は昼食に行ってしまいました。
お待たせするのも申し訳ないので処方箋は預かっています」

だって。



結局、
どの医師の顔を見ることもなく、
どの医師に顔すら見てもらうこともなく、
病院の用事は済みました。


あれほど、
「患者本人を診ないと・・・。規則なので。」と言ってたのに、
本人見てもいないじゃん。



あ~
誰のための規則なんだろう。
誰が助かる規則なんだろう。


誰かが得するのかな???



今日の代金、
診察・処方箋代140円。
薬代(多めに7日分)290円。
しめて430円也。

私の労働は・・・
プライスレス。





そもそも、
そもそも、
そもそも、
認知症の治療に行っているのに、
どうして登録している家族に電話が来ないのか
も、不思議な話です。



あ~、書いてすっきり。\(^o^)/



今日の『アンの日記』は何のお役にも立ちそうもありませんが。
“いろいろ嫌なことは書くとすっきるするよ~”と言うご紹介にはなるかも。
カモカモ




ストレス解消法を幾つかご紹介。
『自宅で写経~功徳あるいは治癒力アップ~するといいな』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-128.html

『絶対に知っておきたいセルフコントロールのコツ』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-127.html

まずは自分自身を知ることが、ストレス対策になるそうです。
『自分の性格って?~一番身近で一番見えない』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-113.html

他、カテゴリー【ストレス・心】
関連記事
スポンサーサイト

当てにできないサイト情報?症状色々~良性発作性頭位めまい症は100%治癒~

眠れないあなたに贈る2つの記事

comment iconコメント ( 2 )

さとちんさんへ♪

病院って、なんだかな~って事多いですよね~。(^_^;)
でも、行き場のない気持ちをちょっと書いただけでかなりスッキリしますよね!

手術に立ち会った医師が3人もいたなんて凄く多いです!! 沢山の目で見ていますから、さとちんさんの手術は、とても安心・安全な手術だったと思います。血管を寄せられたのですから、痙攣が前と変わらないなんてことは無いはずです。
あとは時の経過を、楽しみに待っていて下さいね。(*^_^*)

名前: アン [Edit] 2016-05-12 00:18

二回目のコメントです

病院の都合で主治医が代わった。違う病院に転勤なさった。2月に手術だったから、4月に異動になるのは決まっていたんだろうな~内緒にしてたのね。新しい主治医は、手術にも立ち会ってくださった担当医(三人いた)の中の一人だし話しやすいのでいいんだが、なんだか見捨てられたような気分…
おまけに症状は相変わらず消えそうもないし、しばらく飲まなくてよかった安定剤のお世話になってます。早くハッピーな日よ来てくれ~ 愚痴りました。お邪魔しました(笑)

名前: さとちん [Edit] 2016-05-11 16:06

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)