の病気は、全身の健康にも影響を与える』
ことが一般にも知られるようになりました。


解明が進んでいる歯周病と糖尿病の関係の他、
歯周病と心臓病、
歯周病と肺炎、
歯周病と低体重児出産、
歯周病と骨粗しょう症etc.etc.
様々な病気との関連が指摘され始めています。そんなに?


「体調が悪い原因かも?」
「今の病気の原因になっているかも?」と意識した、
積極的な歯やのケアが求められています。




今日の日本経済新聞の記事は、
歯磨きの起源は紀元前5世紀ごろのインドにまで遡る。」
で始まりましたが、調べてみると、一般には、
歯磨きの起源は、紀元前1500年頃の古代エジプト
と言われているようです。
この頃エジプトで書かれたと言われるパピルスには、
木の一端を歯で噛んで柔らかくした「チュースティック」や、
歯磨き粉についての詳しい記載があるそうです。


そして、紀元前500~600年頃のインドでは、確かに、
インドの大医といわれたスシュルタ氏が『スシュルタ本典』に
歯磨き歯磨き粉のことを記しているし、
(歯肉を傷つけないようにとの細かい記述も!)
仏教の租と言われるお釈迦様は、
小枝で歯磨きをするよう戒律に定めています。

(こちらも、かなり詳しく!)



日本には、
仏教の伝来とともに歯磨きの習慣が伝わり、
まずは公家や僧侶、武家に身を清める作法として広まった
とか。


庶民にまで広まったのは江戸時代中期。
日々の信仰生活の中で、
心身を清めることの一つとして歯磨きの習慣を捉えていたようです。


ただし、
特に白い歯に拘りをもっていた江戸の男性の理由は、
「歯が汚れて臭があると、吉原の遊女に嫌われるから」
「歯の白い男が“伊達男”だから」
「歯を磨くかどうかで、江戸っ子か田舎者か見分けらるから」

とのこと。

吉原近くの浅草寺境内には楊枝店が軒を並べていて、
美人の看板娘がお客の気を引いている様子は、
浮世絵にもなっています。

まったく、男って生き物は。
違った。
まったく、江戸の男ってやつは。





少し前1995年、
『芸能人は歯が命』のキャッチコピーのもと、
美白歯磨き市場と呼ばれるものが誕生しました。

「とうとう生活習慣の歯磨きまで
美容の一環とされるようになったか~」
なんて思っていたのは大間違い。

江戸の伊達男はとっくのとうに、
美容(見た目)目的で歯磨きしてたんですね。
(ちょっと言い過ぎかな




1953年(昭和28年)
6月4日 『ムシ歯予防デー』が定めれました。

1989年(平成元年)
『8020運動』(=ハチ・マル・二イ・マル運動)
“80歳になっても20本以上自分の歯を保とう”
という運動が始まっています。キイテ~


「病気にならないように!」
「健康のため、健康長寿のために!」
「見た目がよくなるよ!」
「モテモテになるよ!」

と、呼びかけは何であれ、
とにかく歯・ケアは大切みたいです!!



身体の健康状態を良く保つため、
そして「若々しくあるため」「エイジングケアのため」
ていねいな歯みがき・ケアを習慣づけたいですね。


※歯科医院の定期的な受診が推奨されています。





豆 知 識
~wikipediaより~

◆エーベルス・パピルス(Ebers Papyrus)

紀元前1550年頃に書かれたエジプト医学パピルス。
古代エジプト医学について記したパピルスとしては、
最も古く、最も重要とされています。
現代医学にもつながる高度な内容の他、魔術的な記載もあります。

興味深いことに、
うつ病や認知症のような精神障害についての記述も。

古代エジプト人は、精神と肉体を別々に考えず、
同じように“病気”と捉えていたみたいです。

恐るべし造詣。
古代人って、ほんとは宇宙人か未来人なのかも?



◆日本唯一の楊枝店『さるや』

東京・日本橋に、創業300年以上、楊枝屋『さるや』さんがあります。
大正時代まで使われていた貴重な房楊枝を展示しているような老舗店ですが、
楊枝のインターネット販売もされています。
“目からウロコ”の楊枝がいっぱい。


「さるや」さんのHPによると、
「楊枝を初めて使ったのはネアンデルタール人で、
およそ10万年前といわれています。」

とのこと・・・。

老舗楊枝店『さるや』HPはこちら
http://www.nihonbashi-saruya.co.jp/quality/



歯・ケアの必要性はこちら。手術をご検討の方、手術前の方も!
『とにかくまずは歯周病ケア~歯周病と全身疾患の関係』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-415.html


『歯周病と全身疾患~スペシャルは糖尿病との関係~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-232.html

これは知っておいた方が良いですよ!
『知らなきゃ損だよ!親しらず細胞で歯周病治療ができる』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-243.html

※右手カテゴリー
『歯の治療と健康』からもどうぞ。



2016年8月日本経済新聞『「吉原でモテたい」口臭ケア』より

8020運動 推進財団HP
http://www.8020zaidan.or.jp/index.html



--≪歯の博物館≫-----------------------------------
横浜市、神奈川県歯科医師会館内。
主な展示品は、国内外の“歯”に関する様々。
夏休みの自由研究にピッタリかも。
入館料無料(事前予約)
※主な展示品の中の“頭蓋骨”の文字に注目したのは私だけ?

http://www.dent-kng.or.jp/chishiki/museum/
-----------------------------------------------------------

関連記事
スポンサーサイト

好きだから続けるのか、続けるから好きになるのか?

可愛いがってもらっているフリ~奇妙なすれ違い~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)