毎日暑い。

独りの時は、リビングに冷房をつけずに過ごしています。
テレビや、ラジオで、
「屋内でも熱中症に注意」
「冷房をいれましょう」
と注意が促されているのは分かっているのに、
どうにもスイッチが入れられない。

独りで冷房をつけるのは、どうにも
“もったいない”
“申し訳ない”
そんな気がして、
暑~い思いをしながら、だらだらで過ごしています。

どんだけケチなんだ。。。




暑いと、かき氷が恋しくなります。
元々好物なのですが、
暑いと、心からかき氷が恋しいです。


なので、今日はかき氷のお話し。



屋台で売っているかき氷は、
赤白黄色・・・じゃないけれど、
色鮮やかです。


よくある色は、
赤(イチゴ) / 黄(レモン) / 緑(メロン)
その他、青(??? ブルーハワイとか言いますよね?)
かな。


が、
迷うほど素敵な“色”の見かけと裏腹に、
”は違いがない。


赤、黄、緑、青と彩り鮮やかなのに、
はどれも一緒”だそうです。



色をつけているシロップの主原料は、同じ液体の糖類。
色ごとの違いは、香料・着色料・酸の調整のみ。
果汁が入っている場合も、10%未満で、
覚に大きな変化を与えるものとは言えないそう。




なのに、シロップを販売している明治屋(東京)さんでは、
赤のイチゴ(風)が圧倒的に人気で、出荷量は5割近くを占めているとか。
次いで緑のメロン(風)が2割強。
(明治屋さんによると、青色は、
ラムネの香料で仕上げてあるそう。)



赤のいちご味がそんなに人気があるのは、
“いちご味”をイメージさせるものだからなのか、
“赤色”が可愛いからなのか
気になります。



“同じ味”のかき氷が、
色ごとにこれ程の人気差があるなんて面白い。
ヘエ~ヘエ~ヘエ~と思ったもので。


話のタネに。



KoKoRoの声

実のところ、私が好きなかき氷は、
あずきや練乳、抹茶味のかき氷です。


今朝、ブログをアップできないまま都内に出掛けたら、
偶然にも、お茶をしたホテルのラウンジにかき氷がありました~。
白玉入りの抹茶かき氷を頂き大満足

ついでに、
ラウンジに田原総一朗氏発見。
関係ないか。



頑張って、冷房を節約している自分に、
ホテルラウンジのかき氷をご褒美!

って、
なんか間違ってる気がします。。。
まあ、いいか。
好きなものを食べて、治癒力アップ





結局、好きなことをするのが一番!みたいなご紹介。
『あなたはごきげんですか?~幸せな人は長生きする~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-543.html

1人だけ元気でも、楽しいことなんて何もできません。
『中年女子の実感~「周りと笑顔に」「周りと幸せに」って大切』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-523.html

食べ物には匂い、香りがつきもの。味と匂いの関係について。
『ぺヤングソース焼きそばの人気をプルースト効果で考えてみた』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-297.html

2016年8月16日 日本経済新聞「青いかき氷 何の味?」
関連記事
スポンサーサイト

日本が断トツ第1位!~MRI、CTの人口100万人当たりの保有数~

ラッキー!センチュリープラントを拝見♡~奇跡を信じる~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)