脳の地図が作られたそうです。

「構造や働きなどに基づいて、
を領域ごとに分けた図」という意味です。





の機能が場所によって異なることは、
既によく知られているような気がします。


日本神経外科学会のサイト情報によると、
は大・脳幹・小脳・脊髄からなり、
大脳は更に、前頭葉、側頭葉、頭頂葉、後頭葉と機能が分化しています。
例えば、
前頭葉はものを考える・運動の指令をする、
頭頂葉はものを感じ解析する、
後頭葉は目からくる視覚情報を取り入れ解析する、
側頭葉は記憶や言語、音の解析を行います。

また以前から右脳、左脳というのが時々話題になりますが、
基本的には人間では、
左側の脳が言語の優位半球となり、計算や数値的なことを主に担当、
右側の脳は画像等の情報を処理するといわれています。
左右の脳は脳梁という太い神経の束で結ばれています。

とのこと。




脳の地図として最も有名なのは、
「ブロードマンの脳地図」(1909年発表)

多くの現場で活用されていますが、今回は更に進化した
超詳細地図が作成されました~


オバマ米政権が推進する、
人間の脳機能の解明を目指すプロジェクトの一環で、
米ワシントン大学のチームによって英科学誌ネイチャーでの発表です。
(2016年7月20日電子版)


磁気共鳴画像診断装置(MRI=MagneticResonanceImaging)を使って分析し、
構造や働きなどに基づいて領域を180もに分けています。
そのうち100近くは、これまでに知られていなかった新領域!ブラボー


脳の『超詳細地図』は、
老化や脳の病気の研究に役立つことが期待されています。




今回の研究に共同で資金を提供している、
米国立衛生研究所(NIH)のブルース・カスバート(Bruce Cuthbert)氏は、
「この新たな地図によって、将来的には、
脳外科手術にかつてないほどの正確さが提供される可能性もある」
ブラボー
とコメントしています。




医療の進歩は、
希望を膨らませてくれます。



今、手術が怖いと思っている皆さんも、
「怖い理由がない」と思える日が来そうな予感がします。
 





豆 知 識 

脳。
身体の中では極小さいです。(体重の2%程度)
それなのに、
心臓からでる血液の15%程度が脳へ運ばれ、
肺で吸収され体で用いられる酸素の20%程度を消費します。
脳は大食漢です。




大脳以外の部分、間脳・小脳・脳幹の働きは、
おおまかに説明するとこんな感じ。

間脳
外界からの知覚刺激を大脳に伝える働きをし、
体温調節、食欲、性欲などの生得的な行動をコントロールする。

小脳
運動や姿勢を保持し、円滑な運動ができるように統合・調整。

脳幹
生命を保つために必要な不随意反射機構(呼吸・血圧など)の維持。




正確で解像度の高い脳の地図を作ることは、
神経科学者の長年の課題だったそうです。

2016年7月20日に発表された、
脳の地図」は、人類にとって大きな成果と言えます。



とは言え、
「右脳左脳の働きは、10~20%の人では、
言語の中枢が右側や両側にあると言われている」

とか、
「脳のしわ(=脳回:動脈や静脈の分布を示す)は、
一定のパターンはあっても、細かい部分では個々人でかなりの相違がある」

とか、
「どこか一部分が病気や怪我で機能障害におちいると、
他の部分が補って働き始める」

とか言う話を聞くと、

一般的な「脳の地図」は、
必ずしも自分にあてはまるとは限らないのものなのかも。



人間の脳は、奥深い。




遺伝子検査のように、
「自分の脳地図を作成する」
そんな時代がやってくるのかも。カモカモ





2016年7月21日 日本経済新聞『脳の詳細な「地図」を作成』より

理化学研究所 脳科学総合研究センター(BSI)サイト。
「高校生を中心とする若い世代に向けて、脳科学や科学全般の面白さ、基礎研究の重要性、
BSIが行っている研究や活動について幅広く知っていただくためにデザインいたしました。」

とのこと。
『BSI youth』
http://www.brain.riken.jp/jp/youth/about

脳の機能、領域、治療について。安心なサイト
『脳神経外科疾患情報ページ』
https://square.umin.ac.jp/neuroinf/index.html

知らなくても困りませんが・・・話のタネに。
『脳神経外科とは?~神経と精神からくる誤解』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-139.html

匂いは脳に特別な影響を与えます。
『ぺヤングソース焼きそばの魅力をプルースト効果で考えてみた』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-297.html

論文原題:
Connectome map more than doubles human cortex’s known regions
関連記事
スポンサーサイト

経済は生きる力を強める?~国民皆保険制度は経済しだい~

雑念を払い、今に意識を集中するとありのままの自分に出会う~瞑想『マインドフルネス』~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)