幸せは、見えていない先にある時がある。
とにかく前へ。
休んでもいいから一歩前へ。 

と、自分への励ましが必要な時があります。





夜、お散歩していると、(音楽を聞きながら)
いろいろな事が走馬灯のように浮かんできて、
知らぬ間に、
「よし、がんばるぞ~」
と声に出している時がある。


そんな時は慌てて周囲を見回して、
誰もいなくてとします。
(なのでやっぱり散歩は夜がいい。私の場合)








『アンの日記』を書き始めてから、
「必要な言葉は羽をつけて飛んでくる」
と思うことが本当に本当に多い。


昨日、2001年9月15日に何をしていたかチェックするために、
古い手帳を広げた私は、
手帳に貼り付けた小さな新聞記事を見つけました。


「成功を喜び、
失敗の中にユーモアを見いだしなさい」
アメリカ最大の小売業ウォールマートの創業者、
サム=ウォルトンの言葉が現在の私の座右の銘となっている。

と綴られた記事でした。



何時の記事なのか(2001年であることは確か)
誰の記事なのかも切り取ってしまった、
もはや4×3㎝四方の小さな小さな紙片でした。






最近の私は、どうにもこうにもあっちもこっちも
「うまくいかないな~と思わざるおえない」
そんな感じです。


そんな私に届いた
失敗の中にユーモアを見いだしなさい」
という言葉は、
偶然ではなく必然だったに違いありません。


失敗の中のユーモアって何だろう・・・
とも思いますが。







”笑い”“笑顔”“微笑み”が、
治癒力を上げることは分かっています。

一節には、
笑い顔を作るだけでも心と体に良い影響を与えるそうです。
頭でユーモアを見つけられなければ、
作り笑いを浮かべるだけでも良い効果が生まれそう。
なんて事を思いました。





豆 知 識

サム・ウォルトン氏(Sam Walton/1918年3月29日-1992年4月5日)は、
世界最大規模小売業「ウォルマート」の創業者。
厳しい時代に貧しい家庭に生まれながら、
一代で富と名声を築いた米国人。
世界的な経済誌『Forbes:フォーブス』によると、
1985年から1988年まで世界一の資産家。

サム・ウォルトン氏は莫大な資産を元に、
奨学金制度の創設など慈善事業にも積極的に参加。
1992年には大統領自由勲章を受章。

2014年の『Forbes:フォーブス』では、
一族長者番付(一族名、総資産、人数、会社、開始年)でウォルトン家を
一位として紹介しています。






調べていたら、
小さな小さな紙片の言葉の続きを見つけました。
成功を喜び、
失敗の中にユーモアを見いだしなさい。
あまり真剣に考えてはいけない。
リラックスしなさい。
そうすればまわりの人すべてが
リラックスするだろう。
楽しみなさい。
いつも熱意を示しなさい。
うまくいかないときには
衣装を着てバカげた歌を歌いなさい。

とのこと。


ハロウィンの衣装を着て、
カラオケボックスで歌うか。
good idea




サム・ウォルトン氏の名言はたくさんあるようです。
今日は、あと一つだけ。

真剣に働いているからといって、
いつもしかめっ面をしたり、
難しい顔をしている必要はないのだ。

どんな仕事をする場合でも、

私たちは楽しくやりたいと考えている。

それは「口笛を吹きながら働く」
式の哲学であるが、
この精神でやれば仕事が楽しいだけでなく、
よりよい仕事ができる。

だって。





現状は何も変わらなくても、
I am OK.みたいに気分を変える方法はありそうです


歩前へ進めなくてお休みする時も、
視線は前を、前だけを見つめて・・・
幸せは後ろにではなく、前にあるはずですものね。
ゼッタイ  





KoKoRoの声

そもそも、
アレッサンドロ・レオーネ・ザナルディ(Alessandro Leone Zanardi,)
通称アレックス・ザナルディ(Alex Zanardi)の記事は、
いつもの日本経済新聞ではなく朝日新聞で見つけた記事。
100%偶然の出会いに感謝。

昨日の記事はこちら。
『最善の日と最悪の日~15年の時を隔てて~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-576.html

「笑えない」「微笑めない」と思っている皆さん。こちらも最後までお読み下さい。
『ほほえみ~人を励み励ますこと』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-431.html

何か良いことがあるから幸せなのではなく、幸せだと思うから幸せなんです
『あなたはごきげんですか~幸せな人は長生きするPart2』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-543.html

「うまくいかないな~と思わざるおえない」と書いて思い出した医師との会話はこちら。
片側顔面痙攣の皆さん、今一度ご確認下さい。
『手術の難易度~by日本で一番の名医T医師』(2013年記載です)
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-24.html

Wikipediaウキィぺディアより
関連記事
スポンサーサイト

最悪の日と最善の日は同じ日~15年の時を隔てて~

ファストフードの肉の飼料は抗生物質まみれ~のぞみは広告より食材に投資する時代~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)