13階には、脳神経外科以外の医師たちもたくさん来る。
いつもみんな忙しそうだ。

この階には脳神経外科系以外の手術で入院している人もたくさんいた。

お隣のベッドのNさんは、脳神経外科系で緊急入院してきたけれど、既に3回心臓の手術もしていて元々循環器科の患者さんだったから、そちらの医師も回診に来ていた。
多分一人じゃなくて何人か。

病院て、たくさんの医師が団体で歩いているんだと思っていたけれど、ドラマの見過ぎだった。
もしくは大学病院ではそうなのかな?
M記念病院の先生は、みんな一人で早歩きで移動してる。
非常階段を使っているんだと思う。
何階分を動いているのかな???
まさか1階までは移動してないと思うけど

みんな早歩きか、ときには小走りだったりするのに、
しっかり人の顔を見ていくから面白い。
多分、「自分の患者か?」って確認するのが癖なんだと思う。

自分達では気づいていなんだろうな。
でも、そういうのって素敵な癖だと思う


今朝は、コードブルーの放送が流れた。
コードブルーって、患者の容態が急変した際の「緊急事態発生」「至急全員集合」を意味する言葉なんだって、入院して初めて知った。
てっきりドラマのタイトルなんだと思ってた。
私の斜め前のお部屋に、ドドっと何人もの人間が入っていって驚いた。
どこから湧いてきたのか・・・。

ずいぶんたくさんの医師がいたもんだ

患者さんは大丈夫だったみたい。
良かった




今日はコードホワイトも流れたから、意味を看護師さんに聞いてみた。
なるほど。。。
これはM記念病院の隠語だと思うから、ブログに書くのは止めておこうと思う。
病院は何処でも同じ隠語なのかな???)

とにかく、
M記念病院医師がみんなとっても働きもので案外足が速そうだってことが分かった。



関連記事
スポンサーサイト

両側性片側顔面痙攣の早期手術について

片側顔面痙攣 入院 ~素敵な出会い~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)