ちょっと秋風が吹いてきた頃、朝、ドキドキして眼が覚めた。
嫌な怖い夢でも見た時みたいに、心臓がバクバクしてた。

なんだ?


よく分かんないまま洗面所に走っていって、鏡を見た。


鏡に映る自分の顔は、
右の口元がピクピク動いてた。

  

そんな顔の人を初めて見た。
びっくりした。
本当にびっくりした。
びっくりして、ぞっとした。


自分の顔にぞっとした。


ほんの一瞬の出来事だった。
錯覚かと思うほどのわずかな瞬間。
でも、頭は十分理解した。




ただ事ではない!



よくある事じゃない。


こんなの
すぐに治る事なんかであるはずがない!





この日から、
私と片側顔面痙攣と言う病気の戦いは始まったんだと思う。


関連記事
スポンサーサイト

眼の周辺全部がビクンビクン

ネットで検索

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)