2013年6月4日。
ある事件が起きた。
私にとっての大事件。


その事についてはもっと後で書こうと思う。


とにかくこの事件をきっかけに私は奮起した!!
このまま、何にもしないわけにはいかない!
色々調べて、西洋医学がダメなら、東洋医学だ!!


ま、普通の考えだよね?日本人なら、だいだいこんな風な思考じゃないのかな。


ここから、Webが大活躍。


片側顔面痙攣の治療をうたっている鍼灸院が多くて驚いた


片側顔面痙攣って、10万人に数人とかって聞いてるわりには、なんだか沢山患者がいるような。。。
統計に載ってこないような、潜在的な患者が実は沢山いるのかもしれない。


でも、もし今眼の下の引くつきや口元の引くつき、顔の何処かしらに痙攣を感じていて、
心配でこのブログを読んでくれている人がいるならその人に言いたい。


やっぱり,一度は病院(脳神経外科)に行ってMRI 検査を受けた方がいいよ って!


万が一って事があるから。


私のブログやたくさんの立派なサイトでも、片側顔面痙攣の病気の概要は分かると思う。
でもそれは、一般的な事が分かったってだけのこと。
(実際は、ちょっと???ってデータも・・・

 
自分の症状については、診断を受けていないんだし、結局大切なのは、「一般的」
なことではなくて自分自身のことだものね。

片側顔面痙攣は、通常は血管が顔面神経を圧迫していることが原因で起こる。
でも、稀に脳腫瘍動脈瘤が圧迫の原因になっている場合があるらしい。

同じ症状でも、圧迫の原因が違う場合その意味するところは全然違うよね


健康診断でも「オプションでMRI検査をしよう!」って薦められるご時世。
オプションのMRI検査って高いよね

「病気かもしれない」なら、MRI検査保険適用ですからね!


こんなこと書くと、悪人みたいに思われちゃうかもしれないけど・・・
でも、やっぱりまずは脳神経外科でMRI検査を受けて
大きな病気が隠されていないことだけはちゃんと確認して欲しいから敢えて書いちゃいおう


大切なことだから、もう一度!

顔に痙攣がある人は、まずは脳神経外科を受診しよう!



アドバイスがもう一つ。
病院選びは慎重に!





私は、脳神経外科のMRI検査で顔面神経を圧迫しているのは血管だと診断され、大きな病気は無いとひとまず安心してから、
対症療法の投薬やボトックス注射はせずに、根治目指して鍼治療を試してみることにした


関連記事
スポンサーサイト

初診~片側顔面痙攣と診断された日~

鍼治療開始!

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)