前回から引き続き、
手術の際の感染症予防についての頁です。



どんなに一般的な手術でも、
「この手術は100%安全です」
と医師から太鼓判を頂くことはめったにありません。
(本来、絶対言えない)



「手術はリスクを伴う」ことは、
どんな手術であっても「当たり前」「普通」のこと。


手術前説明で、
医師は患者に対して、リスクの説明をしなければならないし、
患者は医師の説明を理解するよう努めなければなりません。
例え、
メンドクサイ、ムズカシイと思っても・・・。ガンバル




感染症は、手術をする際の大きなリスクの一つ
です。


術後感染症は、手術を行なった部分で細菌が増殖することで起こります。
手術創の中に異物(金属など)がある場合は、感染率が高まります。



手術部位の感染率は、
1990年代は全感染症患者の1/4位を占めたそうです。
(2002年のアメリカの統計では全病院感染率の22%が手術部位感染)


そのため、感染症発症因子のうち、
『変えることができるもの』を見つけ、『どのように変えるか』を探る研究は、
SSI防止対策と言われ、
術後の感染症発症を減らすために続けられています。


今回は、最新の研究よって証明されている、
術後感染症の発症を抑えるため
消毒はするか」と「消毒はしないか」についてのご紹介です。







----------------------------------
◆施術部位感染症について
------------------------------------
手術部位感染症(SSI=Surgical Site Infection)の研究結果より


1.消毒の必要性について
--------------------------------

手術室で計画的に行われる手術においては、
手術室内、医師、看護師、他スタッフができうる限り必要な感染症予防をした状態。
その状況下で有る場合、縫合された手術創(皮膚表面)は、
24時間~48時間程度で完全に覆われる。
完全に密閉された傷口からは細菌が入り込む危険はないので、
皮膚表面に対する消毒は必要無い。



2.消毒のリスクについて
--------------------------------

・細胞成長因子(傷口付近のグジュグジュした体液)への阻害。
消毒薬によるアナフィラキシ―ショックが報告されている。





こんな感じ。



つまり、
手術部位感染症を抑えるため、
基本的に、手術後は手術創の消毒はしない

が正解。





適切な外科手術をしている場合は、
消毒をしないことで感染症リスクは増えないことを、


これから手術の皆さんはよく覚えておいて下さいね。  


M記念病院A医師曰く、
「手術後基本的には消毒はしない。その方が手術創が治りやすい」
とのこと





豆 知 識

消毒とは関係ないけれど、
微小血管減圧術の手術を受けた人に大切な処置について。


微小血管減圧術後は、
術創を圧迫し髄液漏れを防ぐために包帯を巻きます。


包帯は、
ゆるすぎると髄液漏れの予防になりませんし、
きつ過ぎると、患者は痛かったり、圧迫間を強く感じて辛くなります




術後、頭が痛い、辛い、重いは、手術のせいではなく、
もしかしたら包帯の巻き方が原因かも。カモカモ

「あれ?」
と思ったら、医師にお話しすれば、
「いい塩梅」に巻きなおしてくれるかもしれません。



快適に過ごす上で大切なことなので、
書いておきますね。






KoKoRoの声


入院中、回診の時に、
自分の化膿しやすい体質を心配して、
「大丈夫?」
と質問すると、
「僕はそんな縫い方はしない。」
とA医師が仰ったのは、
『僕は適切な外科手術をしている(から化膿なんてしない)』
という意味だったんだ~と、今になってナットク。
 

因みに、包帯を巻く時、
「僕は慣れてるから早い」
とも仰っていたけれど、私は全く痛くなかったから、
「包帯を巻くのが早くて、上手い」
だな。


注)包帯は使用しない、テープで留めるだけなど、
術後の処置の仕方は病院によって異なるようです。(2016年追記)


手術部位感染症を防ぐためのご紹介です
「正解はどちら?~除毛か、剃毛。」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-95.html

消毒について、医師の不勉強を危惧されている医師たちもいます。
消毒しないメリットの詳細はこちら。
『今怪我した方へ!直ぐに役立つ止血・消毒方法~最新医療より』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-606.html
「手術後の経過をよくするためのKEY~早期離床について~予防」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-50.html

A医師との消毒のお話はこちら
「片側顔面痙攣 手術創~消毒について~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-53.html


関連記事
スポンサーサイト

正解はどちら?~除毛か剃毛か?~手術部位感染症を抑えるためにできること

信頼~ 師弟関係♡医師と患者 ~アドラー心理学より~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)