昨日は、
精神科医アルフレッド・アドラー(Alfred Adler)の書を引用して、
信頼について考えてみました。

アドラーは、オーストリア出身で、67歳で亡くなるまでの間に、
フロイトやユングと並んで心理学の礎を築いた学者さんです。
(今の心理学の礎は全てアドラーの書から発していると言う学者さんもいます。)



信頼についての考え方も色々あるのでしょうが、
アドラーによると、

信頼
客観的根拠がなくても相手を無条件に信用すること

だそうです。



人間の理想的な関係だなと思いました

全人類がお互い信頼しあえたら、
きっと平和な世の中になりますね

       


でも、実生活では、
信頼という言葉は「深く」とか「厚く」という言葉と結びつけて、
「深く信頼する」
とか
厚く信頼をよせる」
といった使われ方もしています。


「深い」「厚い」という、
量を比較する形容詞と結びつけて表現されるわけですから、
アドラーが論じているような
“無条件の信頼” は、
もしかしたら簡単なことではないのかもしれません。






更にアドラー心理学を読んでいたら、
人が幸せになれる条件を3つあげていました。

 自己受容=自分が好き 
 他者信頼=他人を信頼できる
他者貢献=社会に貢献できる
なるほど。



なるほどって思うけど・・・
この簡単な文を実行するのは結構難しい・・・カナ



アドラー心理学に限らず、
自分を好きになることは、
多くの宗教や精神理論でも大切なこととして説かれています。




自分は自分のことを好きかなと考えてみると、
ちょっと自信がないです 

でも、
好きになれるように、
小さな継続、小さな努力をする事にはしています



退院後、痙攣や食事、就寝時間の記録を毎日書きました。
退院した日からほぼ毎日欠かさずお散歩をしています。
今では、階段300段の昇降も含めて歩けるようになりました。
「自分、頑張ってるな」
「自分でできることはしてるな」と思えると、
ちょっと自分が好きになれます。
・・・気がします。


“自分で自分を好きになること” は、
簡単なようで努力が必要なことかもしれません。





について。
病気になって一皮剥けた気がします。

私に障害が出ても、
夫や娘がカバーしてくれるという信頼があったからこそ手術に踏み切れました。
自分の人生全般に関わるようなことを相談できたのは、
友人たちを心底信頼できたからでした。
そして何より、
A医師のことを信頼できたので執刀をお願いしました。
(見ず知らずの人を信頼するわけですから、
これぞ正にアドラー心理学の信頼ですよね!


こうして考えてみると、
病気になるのも悪いもんじゃないなって思えます。
ものは考えようですよね




について。
社会貢献『アンの日記』 がなれたらいいなと思っています。

情報の少ない片側顔面痙攣の患者の皆さんに、
私の経験した片側顔面痙攣の発症から完治までを
“1つのケース”としてご紹介しようと思いブログを書き始めました。
“色々なケース”にも対応できるようお問い合わせいただいた事は追記しています
(患者の皆さんは、ときどき過去に戻ってチェックしてみて下さい!
また、画面右下のコメント欄は、皆さんからのコメントがご一読できます。)


最もお伝えしたいことは、
『手術の成功率をあげるKEY』です。
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-16.html


片側顔面痙攣・三叉神経痛・舌咽神経痛患者の皆さんに、
手術を受ける際の注意点を読んでいただけるよう、
ブログを更新していくつもりです。
(検索されやすい場所にいるためには、アクセス数が大切と考えています。
ご協力お願いいたします。m(__)m)




最初、
難しいカナ・・・と思ったアドラーの幸せの条件3つ。
こうして考えてみると、
どうやら自分でできることみたいです。


つまり、
3つの幸せの条件は、
自分しだいで誰にでも満たせるもののようです。




注 目
 
自尊感情(自分を好きになれる)の向上は、習慣によって可能だと証明されています。
「レジリエンス」=「折れない力」「しなやかさ」
はご存知ですか? 
『レジリエンスを鍛えること』は、震災・有事に備えての国家戦略として掲げられています。
詳細はこちら
「知っておきたい言葉レジリエンス~回復力、しなやかさ♪~その1」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-270.html

治癒力アップに繋がりそうな、アドラー心理学における信頼
  2014.09.09 「信頼~師弟関係♡医師と患者~アドラー心理学より~」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-96.html




NEW(2015年11月18日記)
 セミナー情報 

世の中狭い。
と思うことがしばしば。

私の高校大学の友人が、
アドラー心理学に深く関わっていました。


大学では哲学を専攻、
子育てをしながら、実は企業の社長でもある女性が、
社員マネージメント&子育てのためにも有効
と感じたのがアドラー心理学だそうです。

と言うことで、
「アドラー心理学 勇気づけ勉強会」
「勇気づけの子育てミニ講演会」
を主催している日本支援助言士協会をご紹介します。


人間関係、親子関係を心地よいものとするために
『アドラー心理学を実践形式で習得する講座』
を各種企画しているそうです。

ご興味がある方はこちら
一般社団法人支援助言士協会ホームページ
http://www.sienjogensi.org/




ご 参 考
アドラー心理学。マンガも発売されています。気軽に、気分転換に。
● 『アドラー   明日を変える心理学』あさ出版
日本臨床・教育アドラー心理学研究会会長 鈴木義也著 緒方京子マンガ。1,296円
●『コミックでわかる アドラー心理学』 KADOKAWA
向後千春監修 ナナトエリ作画 1,000円  
只今(2015.6月)
早稲田大学「しあわせに生きるための心理学~アドラー心理学入門~」Web講義受講中。
お勉強した内容は、追ってご紹介します。
関連記事
スポンサーサイト

信頼~ 師弟関係♡医師と患者 ~アドラー心理学より~

ストレスホルモン退治!~コルチゾ―ルと治癒力~

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)