片側顔面痙攣の手術後5日目。
つまり、頭蓋内微小血管減圧術、頭の深部にある脳幹付近の血管を寄せる手術をしてからわずか5日。
なんど書いても、文字にすると恐ろし気に感じる。
昨晩顔がげっそりしてたからちょっと心配だったけれど、この日も朝5時からデイルームに行けるくらい元気に目覚めた。
デイルームの窓は方向的に太陽が昇る方ではないから、外はただ薄ぼんやりと明るくなっていくだけで、
窓からの景色はさほど感動的ではない。都会のビル群の朝焼けって殺伐と感じる。

以上
手帳に書き込んである文面通り。
え?
わずか3日前、術後2日の朝には朝焼けを絶賛してたのに・・・

景色を美しく感じるかどうかって、思っていた以上に  “心 ” に “ 気持ち ” に影響されるんだな。
前は、単純に手術の成功が嬉しかった。とっても幸せって感じた瞬間に見た朝焼けだった。
今はちょっと家が恋しくなってきたのかな。

都会じゃない郊外の我が家の窓からの景色が、たいして美しくなくても懐かしい。カナ


朝食に、昨日に引き続きベーグルを買う。
今日は朝食時にMr.脳外=ウルトラマン=A医師が診察にいらした。
青汁の粉に牛乳を注いでいる時に・・・。
いつも気づくと傍にいるから、隠しようもないし、身繕いする暇もない

トレーに乗っているベーグルにA医師の視線を感じたから、
「先生が買ってきていいって言ったから・・・。」
と言い訳。
「いいよ。」
と一言。
何故かいつも言い訳しているような・・・ 
別に怒られているわけじゃないんだけど・・・。

医師は、病棟にいる時、ちょっと威圧的に感じる。
“ 威圧的 ” って言うと悪いイメージになっちゃうけど、言い換えると強い 存在感がある ”。
だから、医師が「大丈夫」って言えば大丈夫な気がするし、「問題ない」って言えば問題ない気がする。
同じ景色でも違って感じるのとおなじ。
同じ病気でも違って感じる。
私は、最初の病院からM記念病院に来て、A医師に出会ってから「自分の病気は治る」って感じられるようになった。
なんて言えばいいのか・・・これはちょっと根拠のない “ 感じ ” 。
でも、病気と立ち向かう時にとても大切な“ 感じ ” だと思う。

これを 信頼っていうのかな。


今日は、朝9時に入浴した。(こんな時間にも予約できる)
洗髪してはいけないとのことだったから、お風呂にたっぷりお湯をはって、持参した入浴剤を入れてちょっと寛いだ。
(術後一カ月は長湯禁止)
M記念病院は、昔の病院によくあったような消毒臭いような匂いはしていないけど、それにしても自分の周囲が好きな香りで満たされるのは心地いい
お風呂はいつでもプチ幸せを私にくれる


香りと言えば・・・
入院してから、ずっと娘がくれたハンドクリームを使っている。
入院して特になにもしていないからハンドクリームなんて必要ないのだけれど、とってもいい香りで癒されるから。
こちらもプチ幸せ
一度、看護師さんが検温・血圧検査に来た時に
「いい香り~」と言ってた。 手のそばで作業するから匂ったんだと思う。

  娘からのプレゼント♡ハンドクリーム   愛娘に感謝感謝



いつも思う。

病気になったのが私で本当によかった。


アドラー心理学による信頼については
  2014.09.09「信頼~師弟関係♡医師と患者~」





スポンサーサイト

 午後3時。
病気だと分かった最初の頃か、全て話していた友人が、
たくさんのお土産を持ってお見舞いに来てくれた。
(ちょっと多すぎなほど…



私は、手術後調子が悪くなりがちで、
傷が治りにくくて、
膿みやすくて、
血が止まりにくい。
友人は、私の゛弱さ“をたくさん見てきたから、
私に対してとっても心配症になってしまった。


朝、入浴を済ませ、
スポーティーな格好に、ブルーのセーターを肩に掛けた私を見て、
゛普段通りの姿“に、
友人は泣き笑いしていた。


病院の唯一のカフェで、
あんみつを食べながら、
いつもと変わらず楽しくお喋りをした。




暫くして、
デイルームに移動して最後の抗生剤の点滴をしながら、
すっかり気に入ったM記念病院の病室と、
自分の執刀医師、A医師を褒めちぎった。

入院前には、
「A医師って誰だか分かんない先生に手術されるのってどう思う?」とか
「A医師って、なんだか怖そうなんだけど…。」と、
私が散々迷っていたのをよく知っている友人は、
ニコニコして私の話しを聞いてくれていた。


二人で迷った日々を笑い話にできて、
本当に良かった



 M記念病院13階窓から 夕方(2014.04.06) M記念病院13階違う窓から 夕方(2014.04.06)   13階



友人を見送ったら入れ違いに、お見舞いにやってきた。
制服姿で、部活の大荷物を抱えていた。
学校からは一時間半以上かかる。
嬉しい以上に、可哀想になってしまった


自分で食べるお弁当とケーキを買ってきて、
夕食後までのんびりしていった。


私は昼間あんみつを食べたのだけど、
お見舞いの特大ショートケーキを食べ、
病院の夕食も完食した。

人間、まったく動いていなくても食べられるものだ。
自分の食欲に自分で驚いた。



と二人、デイルームでお喋りしていたら、
近くに座っていた年配の女性に
「仲の良い親子ね~」と声を掛けられた。


私達は、外で話しているとよくそうやって声を掛けられる。
話相手の私が入院していて大丈夫かな?と心配していたけれど、
案外大丈夫そうだった。
ママの病気は、をちょっと成長させたみたいだ。



病気になることは哀しい、嫌な事態ではあるけれど、
家族で協力して、役割分担をして、
お互いのありがたみを、大切さを分かる機会を与えてくれる。
病気になるのも、悪いことばかりじゃない。



今は、心からそう思える。


いつも心配してくれる友人と、
私の大切ながいつまでも元気でありますように。
今日も感謝を唱えながら、気持ちよく眠りについた。



注  意 

点滴は、正しいポジションをとっていないと、
やたらと時間がかかってしまうらしい。
あんまり長引きそうな時は、看護師さんに声を掛けよう!

点滴中(2014.04)  点滴は角度が大切!