脳神経外科の病棟ではいつもとっても忙しそうで、
この日も微小血管減圧術手術後だったA医師だけれど、
退院前説明時はかなりゆっくり時間を取って下さった。

思えば、手術前もたっぷり時間をかけて説明していただいた。
(この意味は私にとっては大きかった。
安心してぐっすり眠れたし、当日も動揺しなかった。)


必要な時には、
ちゃんと十分な時間を取ってくれる医師なんだな。
無駄口はたたかないだけで。




手術が終わって、ますます怖いもの知らずになってた私は、
「先生が何者か分からなかったから、凄く心配でした。」
と本音を言ってしまった。




医師は笑って
「そうだよね。こいつ何者って感じだよね~。
僕は有名人でもなんでもないから。」

「いえそんなことはないですけど。お若いから。。。」
「そうでもないよ。」
「でも、そう言われることはあるな~。」
「先生、お若いのに自信ありそうって。」(^.^)
「で、外来の時いろいろ聞いてくる人いるよ。」(^.^)

だって。







よくよく伺ってみたら、年齢、経歴、その他諸々、
どの質問にも躊躇なく即答。
(星座を聞いたら「ぎょうざ」と言われたけど。


初めから直接聞けばよかった。
Webで検索してもよく分からなくて、
勝手に心配して損した。


おまけに、
私が、自宅近所の数ある大病院でなく、
わざわざM記念病院のA医師を選択したとお話ししたら、
(上から目線な言い方だったかも
A医師の「目指す医療」のお話しまで聴けた。





私は、自分が片側顔面痙攣なんて言う、
聞いたこともない訳のわからない、
人がめったにならないような
病気になったことがどうしても納得いかなかった。


でも、おかげで立ち止まって、
自分の人生について考える時間が持てたし、
支えてくれている家族や友人に改めて感謝できた。
新しい出会いもあった。


そして、今日は、
『自分の頭で勝手に解釈、想像するのではなく、
人間同士は向きあって、きちんと対話しなければならない』

って当たり前なのに、
自分には出来ていなかった事を確認することもできた。




病気と向き合った時間は、
私には出来ていないことが沢山あったから与えられた時間。
私には必要な時間だったのかな、って今は思う。
これって、「コジツケ」かな…

でも…
ものは考えよう!」
自分でどう思うか、それは自由だから、
私は自分の気持ち良い方に考えようと思う。

とにかく、
私はA医師と向きあってお話しができて、またまた満足した。
この日は私の先生はよく笑ってた






◆【伺ったA医師の経歴】

1967年生まれ。
群馬医大を卒業して脳神経外科歴は既に20年。(2014年現在
M記念病院に来る前は、2年間海外留学
2007年4月からM記念病院に赴任。
2012年まで5年間、前部長T医師と共に頭蓋内微小血管減圧術
専門的に関わる。

※その他、山梨大学脳神経外科所属時代や留学中の論文有り。
「もうすぐ米国雑誌に三叉神経痛の論文が載るよ」とのこと。
2016年追記



◆【手術方針・実績】

A医師はT医師と共に5年間手術に携わり、T医師退職後は、
片側顔面痙攣、三叉神経痛、舌咽神経痛の治療を継続。
術前術後管理を一貫して1人でを行う。

本人の症状を優先して診断、治療を行う。
(MRI画像で責任血管が確認できずお困りの方 の診断多数)

2013年度微小血管減圧術手術件数:100件程度
軽度の顔面麻痺患者1名 / 聴力消失者0名
治癒率90%以上確定(2014年現在治療継続中)
2015年・・・121例

NEW
2018年更新:その後の素晴らしい手術実績はこちら






「経験不足」の医師に手術を受け、
術後の体調不良や、再手術に至ることのありませんように。
日本では、2018年現在まだ「フリーアクセス」が認められています。
同じ治療費で、誰でも平等に、どの医師の治療も受けられます。





◆豆知識◆◆~都内のM記念病院について~

2018年現在
『アンの日記』が長々しくなってしまいました。
あちこちに、情報が散在しています。

この頁だけご覧頂いている皆さんに、
簡単にM記念病院のご紹介をしますね。




M記念病院は、微小血管減圧術を日本に伝えたH医師がいた病院。
伝統的に、多くのスタッフが微小血管減圧術(MVD)の手術に精通。

2014年現在、日本で微小血管減圧術の最多手術数を誇る医師T医師も、
以前はM記念病院の脳神経外科部長でした。

2013年にたくさんの医師を受診し私が得ていた情報は、
A医師もご存じないだろうけれど、
2013年度片側顔面痙攣のA医師の微小血管減圧術手術実績は、
T医師と比べて遜色なかった(ほぼ同じ症例数)



A医師の手術を終えた沢山のの方からお礼のコメントを頂くので、
2018年現在は、A医師の情報を更に公開・追記しています
A医師についての詳細はこちら
『私の執刀医について~頭蓋内微小血管減圧術の症例数を見て~』
https://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-547.html
PubMedについての解説も記載

社会福祉法人M記念病院について
『微小血管減圧術実績病院~M記念病院脳神経外科A医師』
https://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-316.html

2013年に微小血管減圧術最多症例数を誇っていたT医師から受けた
私の診察の様子はこちら
「片側顔面痙攣(微小血管減圧術)の手術の難易度~By日本で一番の名医T医師」
https://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-24.html

M記念病院の手術室の様子はこちら
「片側顔面痙攣 M記念病院(外来1回目)~手術のイメージはF1チーム!」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-86.html
手術創写真掲載
「ICU不要」「早期離床」について説明。

MRII画像で診断できず“病気が特定できない”とお困りの皆さんへ
「片側顔面痙攣~MRI画像検査が全てではない。症状優先~痙攣Part1」
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-183.html


==≪サイトマップのご案内≫=======
病気と向き合い、
自分にとっての“最善の治療”を望む全ての方へ


『ご挨拶・ご案内頁~サイトマップ~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-121.html

アンの日記『はじまり・・・』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-1.html

トランスポジション法についての説明も記載
『手術の成功率をあげるKEY~コンパクト版~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-18.html
==============================
スポンサーサイト