年の初めの予想が当たったので、
2017年1月12日の頁を編集して、再度ご紹介します。ルン


我が家は、食卓のすぐ脇に、辞書・辞典コーナーがあります。
新婚家庭が米国で始まったので、
日常的に英語辞典が必要だったこともありますが、
何より、
日本の西側出身の母親を持つ夫と、
日本の東側出身の母親を持つ私とは、
同じ日本語を使っているのに、
違う単語、違う使い方をする言葉が幾つもあって、
口論する前に調べる必要がありました。(笑)


言葉は奥が深くて、
面白い。


言葉は生き物だと思います。
辞書や辞典に書かれた使い方とは違っても、
その時代そこにいる人々の様子をよく表している言葉もあれば、
辞書や辞典に書かれている正しい使い方をすると、
本意が伝わらない言葉もあります。


標本に、蝶が虫ピンで留められているように、
辞典や辞書に、言葉は留められているけれど、
言葉は、蝶と違っていつまでも生き続けて、
時々思い出したように飛び立つような気がします。


そんな風に、
流行り言葉になる言葉が、
時々ありますよね。




只今、我が家にあった、
まんがことわざ辞典
なるものを広げてみました。


開いた頁は、
一目置く(慣用句)
の説明。

意味:
相手が自分より優れていることをみとめ、
尊敬して一歩ゆずることのたとえ。

参考:
囲碁で、技量に差がある場合、
最初に弱いほうが一つ(一目)黒い石を置いてはじめることから。
相手よりも自分の方が弱いと認めないと一目おけないので、
相手をすぐれていると認めることを、一目置くという。

とのこと。ナルホドナルホド



ここのところ、
AI(人口知能)活用のアルファが話題になっています。
AI(人口知能)が人間に、
囲碁で勝利できるようになった」事実は、
これまでの概念を大きく変える大事です。

1968年に最初の囲碁ソフトが開発されて以来、
人口知能にとっては「囲碁は難攻不落」と言われてきたのに、
そんな概念は、1年足らずの間になくなってしまいました。



言葉の使われ方が、
時代を反映することがあります。
囲碁が、人間の能力が勝っている「領域」ではなくなって、
一目置くの言葉の意味が変わる日が来るかもしれません。カモカモ



2017年は、
今まだAI(人口知能)を身近に感じていない方の意識が、
大きく変わりそうな予感がします。
👆
当たりましたよね~
AI(人口知能)が身近になりましたよね



様々な領域で、これまでの固定概念が覆されています。
自分の持つ「あれはこうだ」「これはこうあるべき」という考え方の中にも、
考え方を変えた方が時代に合うこと、
気持ちが楽になることがありそうです。 




◆KoKoRoの声◆

「直ぐにできること」
「直ぐに決断できること」
が、良いこととは限りません。


「諦めずにやったからできること」
「じっくり考えたからできること」
が、世の中にはたくさんあるんだと思います。


一目置く」は、
相手が優れていると認めつつ、
諦めずに対戦(努力)するなかで生まれた言葉です。


「碁」の世界でのAI(人口知能)の勝利は、
とどのつまり、
人間が、1968年から諦めずに研究し続けた結果生まれた勝利です。


「継続は力なり」ですよね。



「継続は力なり」を教えてくれた人
『継続は力なり♪ ~ 普通のおじいさんから教わりました』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-220.html

アルファ碁勝利の話
『AI』歌手のアイじゃなくて、エーアイ(=人口知能)の話~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-485.html

親戚の青年の「生の声」から学びました
『一睡もできない”それは心の弱さじゃない』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-476.html

一生懸命なり過ぎない方法のご紹介も…
『新しいことに挑戦する時の心得~何かをやめる何かと置き換える~』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-496.html

言葉には魔法もあります
『自分の杖言葉を持とう!~心が折れそうな時には言葉の杖を』
http://20140403az.blog.fc2.com/blog-entry-508.html
関連記事
スポンサーサイト

楽しく生きるを実践していたら、夢が叶った!

アルファ碁ゼロへの期待~人智を超えた発想~医療への応用

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)